読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電波の城細野不二彦のあらすじ(ネタバレあり)

電波の城が無料で試し読みできるサイトや、あらすじ感想などを紹介するブログです。

電波の城のあらすじ

電波の城は、小学館ビッグコミックスピリッツに掲載された、ギャラリーフェイク、太郎(TARO)、Gu-Guガンモさすがの猿飛でお馴染みの、細野不二彦さんの作品で、23巻完結のマンガ(電子書籍)です。

 

電波の城の主人公、天宮詩織はある日突然三流の芸能プロダクション「白鯨」を訪れて、アナウンサーにしてくれと売り込んできました。

 

社長の鯨岡は詩織に何か光るものを見つけ、コネを使って詩織を局のオーディションに出します。

 

オーディションには5人の候補がおり、そこでは激しい女の争いが始まります。

 

詩織はガンを飛ばされたり、飲み物に激辛タバスコを入れられたりします。

 

しかし、詩織はそれを全てはねのけ、それどころか再起不能になるまでやり返してしまい、それが長い物語のはじまりでした・・・

 

コミックを実際に読んでみたい方はコチラをタップしてください。

 

          ▼▼試し読み、購入はコチラ▼▼

      電波の城が無料立ち読みできるサイト

 

        リンク先で”電波の城”で検索すると出てきます。

電波の城の感想

評価:★★★★★
全23巻と非常に長いお話ですが、中々一筋縄ではいかない内容でした。詩織がテレビ業界を成り上がっていくサクセスストーリーかと思いきや、裏の世界の話が物語の中心になる、ドロドロとした話でもありました。
評価:★★★★★
ラストが特に印象的でした。一見バッドエンドのように感じますが、非常に美しい描写で、ジャーナリストの詩織としては綺麗な終わり方なのでしょう。天宮詩織という女性の一代記として読むと、非常に面白いと思います。

コミックを実際に読んでみたい方はコチラをタップしてください。

 

          ▼▼試し読み、購入はコチラ▼▼

      電波の城が無料立ち読みできるサイト

 

        リンク先で”電波の城”で検索すると出てきます。

電波の城を今すぐ読むには?

電波の城は、一般コミックにもなっていますので、もちろん紙の書籍を購入すればスグに読むことはできます。

 

でも・・コミックって家に置くと結構かさばったり、後で邪魔になったりしませんか?

 

私は最近は、すっかりコミック関係はスマホやPCで読むようになりました。

 

どうやって読むかというと・・・

 

電子コミックのサイトを使うようにしたのです。

 

CMで見るめちゃコミック等、今はかなりの数のコミックサイトがあります。

 

私はかなりのマンガ読みなので、いろいろなサイトを使っているのですが、

 

その中でも”電波の城”が読める電子コミックのサイトで、特にオススメのものを2つ紹介します。

 

その1 eBookjapan

eBookjapanの一番いいところは、PCでもスマホでも両方とも読めるところです。

 

データなので、PCからコミックを購入して、スマホで読む。ということなども可能になります。

 

月額料金ではなく、買い切りなのも魅力ですね♪

 

→→eBookjapanの詳細はコチラから←←

 

その2 まんが王国

PCを持ってないからスマホだけで読むという人には、まんが王国がオススメです。

 

月額300円(税抜)~で、いろいろなコミックが読めますし、無料配信のコミックも多いです。

 

すべてがそうだというわけではないですが、DMMよりも最新話の配信速度が早いのも魅力の一つです。

 

支払い方法も、docomo「spモード決済」,auauかんたん決済」,
softbankソフトバンクまとめて 支払い」,クレジットカード決済などから選べて、とても使いやすいですよ♪

 

 >>まんが王国の詳細はコチラから<<

            ▲▲スマホのみ対応です▲▲          

 

        リンク先で”電波の城”で検索すると出てきます。